top of page

2024年4月13日(土)14日(日)長野相生座・ロキシーにて主演西村まさ彦による朗読劇及び舞台挨拶付き映画「[窓]MADO」上映開催決定!


©2022 towaie LLC

”化学物質過敏症が引き起こす問題”をテーマにした、”クローズドな社会派”ドラマ 映画「[窓]MADO」。 4/12(金)〜4/18(木)までの1週間限定上映を行う長野相生座・ロキシー にて、 4/13(土)、4/14(日)の2日間、主演:西村まさ彦の朗読劇と舞台挨拶付きのイベント上映を行います。ぜひご来場ください。


【映画『[窓] MADO』朗読劇及び舞台挨拶付きイベント上映】

日時:2024年4/13(土)、4/14(日)両日共に14:00開場 14:30開始

会場:長野相生座・ロキシー  長野市大字鶴賀権堂町2255 

料金:2,500円均一(全席自由席・先着順)※劇場窓口またはオンライン(teket)にて事前販売中

ゲスト: 西村まさ彦(主演)、監督(麻王)

※映画は2024年4/12(金)〜4/18(木)までの1週間限定上映です。

オンラインチケット(teket)のお買い求めはこちらから ⇒ https://teket.jp/2291/32279

お問い合わせ:長野相生座・ロキシー (TEL 026-232-3016)


©2022 towaie LLC


【Story】

本作は「化学物質過敏症」をテーマにした、事実を基にしたフィクションドラマである。

日本の郊外の団地に住む、家族「A」。

Aたちは、2016 年 2 月から、階下に住む家族「B」の家から来るタバコの煙害に苦しめられていた。「化学物質過敏症 / Multiple Chemical Sensitivity (MCS)」を発症したとして医師から診断書を貰い、Bに対し 4500 万円の賠償を請求する裁判が始まった。

社会から取り残された3人の原告家族「A」と主張の違う3人の被告家族「B」。それぞれの主観を通して「化学物質過敏症」が引き起こす様々な問題や分断を描く。




[窓] MADO

監督・脚本: 麻王

出演: 西村 まさ彦、大島 葉子、二宮 芽生、MEGUMI、小林 涼子、慈五郎、モロ師岡

音楽: 板倉 文 

主題歌:「窓」小川 美潮 






コメント


bottom of page